偏愛モノ語り

デザイナーの仕事服。TOMORROWLANDのシルクブラウス|偏愛モノ語りNo.12

わたしの勤める会社では、仕事服は自由とされている。ネイルもヘアもメイクもアクセも制限はなく、オフィスではみんなそれぞれ好きな格好で働いている。

とはいえクライアントとの打ち合わせや、大事な会議では “きちんと見える” 仕事服を選ぶ。

そんな時、重宝しているのがTOMORROWLAND collectionの『シルクフラワープリント ボウタイブラウス』だ。

女性WEBデザイナーこだわりの仕事服

ビジネスシーンにおいて、自分がどう見られるかというのはとても大事なこと。仕事相手には、良い印象を与えたい。

実際問題、どう見られるかによって扱われ方が大きく変わる。大事な場面で大事に扱われるために、ファッションでの印象操作は重要な手段である。

きちんとしていて、華やかに装える

わたしが大事にしている仕事服選びの軸は、きちんとして見えるかどうか、凛として見えるかどうか、でしゃばりすぎていないかどうか。

きちんとして見える」というのは、約束を守れる人かどうかの判断基準。
凛として見える」というのは、自分に自信がある人かどうかの判断基準。
でしゃばりすぎない」というのは、優先すべきを間違えない人かどうかの判断基準。

それらすべての条件をクリアして、かつ女性らしさとやわらかな華やかさを兼ね備えたこのブラウスは本当に優秀で出番が多い。

デザイン性の高いプリントが奇抜になりすぎないよう落ち着いた色味で整え、シルエットは王道でスッキリ、首元も女性らしくクラシックなボウタイで締めていてバランスが抜群。

袖口がきゅっと締まっていてだらしなく映らないのに、袖元はふんわりとゆるやかな余裕のある膨らみでカッチリしすぎないところが気に入っている。

身体のラインを拾わず、肩から二の腕にかけた肉付きの良さを隠してくれるのに、なぜか華奢に見えてスタイルアップまで叶えてくれる超スグレモノ。本当に手放せない。

一辺倒な量産スタイルでもなく、押し付けるような個人プレイの個性でもない、考え抜かれた細部のこだわりに惚れ惚れする。

着心地最高。ストレスフリーで気持ちをラクに

このブラウスは、シルク100%でとても軽い。空気をまとっているような軽やかさで、サラリと着れて肌触りもよく気持ちがいい。

華奢なほど繊細なつくりで、シルク特有の自然な光沢感を宿している。

女性が歳とキャリアを重ねると、どうしても強めに映ってしまう。意図した主張と異なる強さや尖った部分を、柔らかく見せるのにも一役買ってくれる。

背中をシャンと伸ばし、ハツラツとした自信を持って仕事に向かうためには、上質で品のいい素材を選びたい。着ている服の素材が上質だと、それだけで礼儀正しく見えるのだから、こんなに都合の良い手段を使わない手はない。

服の選び方は自分主体で良いもの。ただマイルールと我儘の基準は間違えずにきちんと線引していたい。自由さ奔放さの中で、規律や調和を感じられることが格好良い大人の装いだ。

最後に

クリエイターの価値は、その人自身に宿るもの。その人だから創り出せるモノやコトの根幹を理解してもらうには、普段どんな服を身に着けているかで判断されることが多い。

デザイナーという職業に自負があるからこそ、人からどう見られるかという視点が大切であり、服選びの上で重要視している。

思いがけず熱くなってしまった。暑苦しい一面を自分でも理解しているからこそ、印象操作できるこのブラウスは手放せない。

シルクフラワープリント ボウタイブラウス
値段:¥26,400 (税込)
サイズ:36
カラー:ベージュ系
素材:シルク100%
ブランド:TOMORROWLAND collection