ライフスタイル

いつも心に平穏を。Cul de Sac(カルデサック)の『青森ヒバ精油』|偏愛モノ語りNo.5

どんな時も穏やかで、健やかな精神状態を保っていたい。誰にでも優しくできる心の余裕が欲しい。だけど忙しなく慌ただしい日々の中、平穏な感情を維持するのはなかなか難しい。

だからわたしは、心を落ち着かせるためにいくつかの手段を持っている。ざわつく気持ちや負の感情を一掃する魔法のアイテムを紹介したい。

一瞬で心が落ち着く、青森ヒバの精油

わたしは会社員デザイナーで、属に言う中間管理職。やりがいも楽しさもある反面、プレッシャーも大いに感じるポジションにいる。緊張、不安、焦り、怒りといったストレスの感情に振り回されることも少なくない。

香りを嗅いで深呼吸

心を落ち着かせたい時、助けを求めるのがCul de Sac(カルデサック)の『青森ヒバ精油 “HIBA WOOD OIL”。小さなビンを空けて香りを嗅ぐ。この香りに、何度救われたか分からない。

精油の成分は天然の青森ヒバ

たくましい生命力を感じる香りで、この匂いを嗅ぐとイライラやモヤモヤの感情が嘘のように浄化されていく。身体から濁ったものがすうっと出ていく感じ。邪悪なものから解放される感覚。

デスクで煮詰まった時も、出先で挫けそうな時も、この匂いに助けてもらう。精神安定剤のようにいつもポーチに入れて持ち歩いている。

湯船に垂らして全身に浴びる

疲れが溜まった時は、お風呂に2、3滴垂らして入浴する。お風呂いっぱいにヒバの香りが広がって、じわっと心を落ち着かせてくれる。

人工的な香料では表せない、本物の力でパワーチャージ。身体に蓄積した電磁波なんかも溶けて流れていくような感じがするのは買い被りすぎだろうか。

嫌なことも辛いこともヒバの香りを嗅ぐとどうでもよくなるから不思議だ。執着していることとか、考え込みすぎていることも「まぁいいか」と前向きに思わせてくれる。

「廃材」が原材料のプロダクト

Cul de Sacのが取り扱う商品は、木材所の製材時に発生する「曲がった木」「端材」「廃材」が原材料となっている。

「サステナブルだから」という理由でモノを買うような善人ではないけれど、数百年かけて育った資源を無駄にはしないという心がけを敬愛している。

精油の他にもハンドソープやバスソルト、ルームスプレーなんかも良さそうだ。パッケージもシンプルでお洒落なので、1つずつ集めていきたい。

最後に

この精油はわたしにとって、なくてはならないものとして存在している。頼れる道具を手元に置いて、今日もたくさんのことに立ち向かおう。