偏愛モノ語り

脚がきれいに見えるスペシャルシューズ『Domani×PELLICO VETTA』|偏愛モノ語りNo.2

お気に入りで、大事に履いている靴の話。

PELLICO(ペリーコ)が、2018年冬に雑誌Domaniとコラボした『VETTA』は、とにかく脚がきれいに見えることを追求したという9cmヒール。

フォルムの美しさに感動し、この『VETTA』を購入した。人生初のファーストペリーコ、愛すべきこの一足について語らせてほしい。

 

『VETTA』に惹かれた理由

PELLICOはイタリアのシューズブランドで、良質な素材を靴職人が木型から仕立てているコレクション。TOMORROWLANDやESTNATIONなどのセレクトショップでも扱われていて目にする機会が多いものの、お値段的になかなか手が出せないでいた。

PELLICO × Domani

どんなシーン、スタイル、シーズンでも本領発揮

仕事にもプライベートにも使える靴を探していた。

働く女性の靴問題は、多くの人の悩みの種だと思う。定番のパンプスはリクルート感があって好きになれないし、一概にパンプスと言っても千差万別で、なかなかこれという一足に出会えず、かなり長いこと靴難民だった。

ビジネスでもカジュアルでも

わたしが買ったブラックは、フロントがスムースレザーになっていて、アンクルストラップとヒールがスエードの異素材MIXになっている。これでもし全体がスエードだったら買わなかっただろう。フロントがレザーだからこそビジネスシーンでも気兼ねなく履けるし、履いたときの佇まいが様になる。

足首くらいのテーパードに合わせてももちろん素敵だし、長めのバギーでも格好良い。わたしは、ジーンズとジャケットに合わせることが多い。ジーンズでもカジュアルになりすぎないところが気に入っている。

パンツスタイルにもスカートスタイルにも

ビジネスシーンではパンツスタイル一択だけれど、スカートとの相性も抜群。

華奢なアンクルストラップのおかげで足首が細く見えるのに、ヒールが太いので女性らしさを強調しすぎず、絶妙な塩梅。パンツ×ヒールでも強くなりすぎず、スカートでも媚びないバランスが素晴らしい。

冬でも夏でもオールシーズン

夏は肌を見せて素足で履く。長時間歩く時はストッキングの着用をおすすめするが、このデザインはやっぱり素足が可愛い。サイドが大きくカットされていて肌見せエリアが広いので、夏でも季節感を保って履けるパンプスだ。

冬はタイツや靴下を合わせる。最近はダークグレーの靴下を合わせるのがお気に入り。

創意工夫を凝らした、佇まいが格好良い

9cmのヒールのコツコツと鳴る足音、それすら大人っぽくて格好良い。打ち合わせに向かう足取りにも自信が湧く。堂々とした振る舞いのために、道具の力を借りるのはすごく大事なこと。

サイドのカッティングも計算し尽くされている。つま先からかかとの角度、肌面積の露出度とフロントのカーブ、ストラップの位置、どれをとっても美しく、洗練された存在感に心が躍る。

レザーのテカリと、つま先の丸みに美学が詰まっている。

最後に

以上が、この一足を愛用している理由だ。購入して2年経った今でも、この靴を履くと高揚する。きっとこの先も履き潰れるまで大事に履いていくと思う。

パンプスで5万オーバーはかなり決断が必要な値段だが、本当に買ってよかったと思える。これからもこの一足を相棒に、わたしは仕事に向かう。